製品情報 信号発生器

クリックランキング

信号発生器とは

信号発生器とは、無線や通信機器の回路評価などのために、基準となる電気信号を発生させる計測器。RF信号発生器、基準信号発生器、標準信号発生器とも呼ばれる。無線機器などの開発、試験、検査、保守の際に、定量的な回路評価を可能にするために使用する。精密で安定した発振源を持ち、変調方式、周波数、電力などを調整できる。PCベースの計測システムでは、モジュールやドングル型のものもある。

3GHz 低位相雑音 CW信号発生器 日本電波工業
3GHz 低位相雑音 CW信号発生器

通信機器製造ライン検査設備・研究開発設備などの用途として 設備費用の削減と省スペース化に貢献します。 「SG010M3R0GB」 ◆出力周波数: 10MHz~3GHz(1Hzステップ可変) ◆低位相雑音:Typ.-95dBc/Hz@10kHz (3GHz出力時) ◆小型・軽量:  224x320.5x99mm、 約3.5kg ◆低消費電力: 40VA以下

IQベクトル発生機能をオプション搭載!RF信号発生器 MSG703 マイクロニクス
IQベクトル発生機能をオプション搭載!RF信号発生器 MSG703

■3GHzまでの無線機器の評価(標準信号発生器、受信感度試験、妨害波耐性  試験)などに利用できる。 ■高周波イミュニティ(EMC)試験用の信号発生器として。 ■高周波フィルターなどの伝送特性評価に。 主な特長:IQ変調信号出力(工場オプション)、高速スイッチング、ALC機能、高精度の周波数とレベル出力、豊富な変調機能(FSK、PSK、AM)、充実した掃引機能、位相オフセット機能、小型・軽量・廉価

優れたコストパフォーマンスのRFシグナル・ジェネレータ DSG800シリーズ  RIGOL JAPAN
優れたコストパフォーマンスのRFシグナル・ジェネレータ DSG800シリーズ 

最小の設置面積、軽量、優れた携帯性を備えて、周波数・振幅・波形・発振形態・変調などのコントロールに最適な1台 ■周波数帯域: 2.1GHz / 3.6GHz ■振幅レンジ:最高<0.5dB ■位相ノイズ<-112dBc/Hz @20kHz (代表値) ■振幅レンジ:-110dBm~+13dBm ■AM/FM/PMアナログを標準装備

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

信号発生器のクリックランキング 2022年6月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 アールエフネットワーク 11.6%
2 ローデ・シュワルツ 9.3%
2 日本電波工業 9.3%
2 マイクロニクス 9.3%
2 RIGOL JAPAN 9.3%
6 アンリツ 7.0%
6 フルーク・キャリブレーション 7.0%
6 キーサイト・テクノロジー 7.0%
6 Averna 7.0%
10 テクシオ・テクノロジー 4.7%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。