製品情報 GPIB

クリックランキング

GPIBとは

GPIBとは、コンピューターと計測器の8bitパラレルのバスインターフェイス規格。かつて計測器メーカーであったHewlett-Packard (HP) が社内規格として開発したHP Interface Bus(HP-IB)が元祖。ピギーバックコネクタにより計測器を簡単に接続・増減可能で、また計測器は複数でもI/Fは一つで済むために他社も使い始め、General Purpose Interface Bus(GPIB)と呼ばれるようになり、その後IEEE 488として標準化されている。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

GPIBのクリックランキング 2022年6月 BEST7

順位 企業名 クリック割合
1 コンテック 23.1%
2 ADLINKジャパン 19.2%
2 日本ナショナルインスツルメンツ 19.2%
4 エムシーアイエンジニアリング 15.4%
5 キーサイト・テクノロジー 11.5%
6 ネットワークサプライ 7.7%
7 ゼニス計測システム 3.8%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。