製品情報 測定機器

クリックランキング
ブロードバンド プリアンプ FPA-X FRANKONIA社製 TSSジャパン
ブロードバンド プリアンプ FPA-X FRANKONIA社製

FPA-Xは、高利得・低内部ノイズの広帯域プリアンプです。最大2/6GHZまでの広い周波数範囲によりCISPR22に準拠した測定が可能です。

WLAN /BT LE テスター MTP200B TSSジャパン
WLAN /BT LE テスター MTP200B

MTP200Bは、ノンシグナリングテストを基本としたWLAN/BT_LEテスターです。1台で発信と信号分析の機能を持ち、WLAN(IEEE802.11a/g/n)・BT_LE(Version4.2)に対応したワイヤレス通信端末の評価・解析に特化しています。 シンプル設計・スピード重視のTESCOM社のテスターは、高精度、効率性、高速生産性、低コストを実現しています。

測定用ポジショナ HQシリーズ HQ302 TSSジャパン
測定用ポジショナ HQシリーズ HQ302

HQシリーズは、電波暗箱や小型電波暗室用途のマイクロ波測定用、ミリ波測定用ポジショナ(ターンテーブル/エレベーション)です。実験室などでも使用可能な小型タイプです。オールインワンタイプなので、ターンテーブルとコントロールソフトウェアを含めたトータルシステムです。ポジショナの操作はパソコンの画面上で行えるので、同時にデータの解析も実施できます。使いやすさを追求し画期的なロープライスと作業の効率化を実現しました。

省スペース・設置工事不要!電磁波放射パターン測定システム MRP770 マイクロニクス
省スペース・設置工事不要!電磁波放射パターン測定システム MRP770

■当システムは、小型の無線機器や情報通信機器、アンテナ等の放射パターンを測定するためのシステムです。 ■IoT化が著しい昨今、さまざまな端末に無線モジュールが搭載され、アンテナ性能の把握も重要性が増しています。お客様のご要望に合わせた最適なシステムをご提供いたします。 ■電波暗箱内のターンテーブルに被測定物を置き、輻射した電波をスペクトラムアナライザで測定し、専用ソフトウェアで放射パターンを描きます。 ■電波暗箱は3種類から選択が可能です。

パワエレ機器のノイズ対策に! 磁界プローブ MMP500 マイクロニクス
パワエレ機器のノイズ対策に! 磁界プローブ MMP500

■スペクトラムアナライザと組み合わせて、電源ラインの伝導性妨害ノイズをLISNを使わずに電気的に非接触で測定できます。更に、基板上の妨害ノイズも非接触で測定することができます。 ■自動車産業などのパワーエレクトロニクス機器の測定に最適です。大電流あるいはDC電流やAC電流にも対応できます。 ■当社製のスペアナMSA538E/558Eと組み合わせると、レベルが校正された伝導性妨害ノイズを測定できます。 ■実験室や屋外で本システムを使って問題点の解決ができ、時間と費用の節約になります。

放射EMIと雑音端子電圧のプリコンプライアンス用システム MR2300 マイクロニクス
放射EMIと雑音端子電圧のプリコンプライアンス用システム MR2300

EMI正式試験の予備測定に最適なシステム ■放射性妨害ノイズ測定:電波暗箱と広帯域アンテナを使って、30MHz~1GHzの測定ができる ■伝導性妨害ノイズ測定:LISN(擬似電源回路網)を使って、150kHz~30MHzの雑音端子電圧測定ができる ■ノイズ発生源の特定:オプションの磁界プローブを使って、PCBの磁界測定を行うことにより、妨害ノイズの発生源を特定することができる ■PCソフトウェアを用いて、予め用意されたライブラリを参照することで、CISPR・EN・VCCI・FCC等の簡易測定ができる ■安価なシステム価格

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

測定機器のクリックランキング 2022年6月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 TSSジャパン 29.2%
2 マイクロニクス 8.3%
2 東陽テクニカ 8.3%
2 デバイス 8.3%
2 エレナ電子 8.3%
2 Electro-Metrics 8.3%
7 営電 4.2%
7 ローデ・シュワルツ 4.2%
7 ノイズ研究所 4.2%
7 協立テクノロジー 4.2%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。