製品情報 振動センサー

クリックランキング

振動センサーとは

振動センサーとは、物体の振動を検出・計測するセンサー。物体の変位や加速度を、圧電効果や静電容量などを利用して、または振動により生じる音圧などを検出して計測する。設備の予防保全の目的から機械の故障、損傷、劣化などの予測や監視目的で使われることが増えてきている。また、製品開発の評価試験で実施される振動試験などの定量化や環境計測、耐震安全装置などでも使われる。

産業機器の「故障予兆信号を検知」 防水接触型アコースティックセンサ 日清紡マイクロデバイス
産業機器の「故障予兆信号を検知」 防水接触型アコースティックセンサ

【製品名:NM2101(旧:NJY1101)】 ●耐環境産業用途向け超音波センサ ●可聴音から超音波まで検出可能:100~100kHz ●防塵防水 IP67対応可能 ●耐候性ケーブル付き(3m) ●周囲ノイズを抑制する接触設置タイプ ●専用マウントや穴あけ・ねじ切りが不要

ISO10816/ISO20816に準拠した3軸デジタル振動センサー 『M-A342/M-A542』 セイコーエプソン 電子デバイス
ISO10816/ISO20816に準拠した3軸デジタル振動センサー 『M-A342/M-A542』

■速度・変位を出力 ■出力形式:raw、rms、p-p (デジタル出力) ■ダイナミックレンジ:速度 ±100mm/s、変位 ±200 mm ■測定周波数範囲:速度 10 Hz ~ 1,000 Hz、変位 1 Hz ~ 100 Hz ■M-A342:SPI/UARTインターフェイス、消費電流 Typ. 29 mA (3.3 V)、動作温度範囲 -30 ℃~85 ℃ ■M-A542:防塵防水型ユニット RS422インターフェイス、消費電流 Typ. 51 mA (12 V)、動作温度範囲 -30 ℃~70 ℃

IO-Link◆エッジ処理機能付き振動センサ「QM30VT」シリーズ ターク ジャパン
IO-Link◆エッジ処理機能付き振動センサ「QM30VT」シリーズ

Modbus RTUとIO-Linkの通信方法に対応した振動・温度センサは、2軸の振動 と温度が測定可能です。モータやポンプ、減速機等に設置する事で回転機構 における故障の予測や原因の特定が可能です。突発的なダウンタイムの発生 を予防します。振動データのエッジ処理は、センサより取得したデータに対 して内部で演算処理を行い、速度のRMS値やピーク値の実用データに変換して から上位コントローラへ送信しています。 既存設備においても必要最小限の 追加投資での振動監視スマート化を実現可能としています。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

振動センサーのクリックランキング 2022年6月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 セイコーエプソン 電子デバイス 18.8%
2 オムロン 制御機器・FAシステム 17.6%
3 日清紡マイクロデバイス 16.5%
4 TE Connectivity 8.2%
5 PCB Piezotronics 7.1%
6 ifm efector 5.9%
6 ターク ジャパン 5.9%
6 杉山電機システム 5.9%
9 アズビル 4.7%
10 Vigor Technology 2.4%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。