製品情報 アナログスイッチ / マルチプレクサ IC

クリックランキング

アナログスイッチ / マルチプレクサ ICとは

アナログスイッチ / マルチプレクサ ICとは、1本のアナログ信号線をスイッチングする半導体集積回路(アナログスイッチ)と、複数のアナログ信号線を選択してスイッチングする半導体集積回路(マルチプレクサ)。アナログスイッチは単にスイッチともいう。マルチプレクサはMUXと表記され、データセレクターということもある。スイッチ制御の信号はパラレルまたはシリアルのデジタルインターフェースによる。

1:1(SPST)、4チャネル構成CMOSアナログ・スイッチ 『TMUX7412F』 テキサス・インスツルメンツ(TI)
1:1(SPST)、4チャネル構成CMOSアナログ・スイッチ 『TMUX7412F』

■デュアル電源(±5V~±22V)、シングル電源(8V~44V)、 非対称電源(VDD=12V、VSS=-5Vなど)で動作 ■ラッチアップ耐性 ■1.8Vロジック ■6kV人体モデル(HBM)ESD 定格 ■低オン抵抗:8.3Ω(標準値) ■フラット・オン抵抗:10mΩ(標準値) ■過電圧保護、電源オフ保護:いずれも±60V ■16ピンの5 x 4.4mm TSSOP、4mm角WQFNパッケージ

4チャネル、1:1(SPST)高精度CMOSスイッチ 『TMUX7212』 テキサス・インスツルメンツ(TI)
4チャネル、1:1(SPST)高精度CMOSスイッチ 『TMUX7212』

■過酷な環境で使用される高精度測定アプリケーションに最適 ■ラッチアップ耐性 ■デュアル電源範囲:±4.5V~±22V ■単一電源範囲:4.5V~44V ■低いオン抵抗:2Ω ■大電流に対応:最大370mA ■動作温度範囲:-40℃~+125℃ ■1.8Vロジック互換 ■フェイルセーフ・ロジック ■レール・ツー・レール動作 ■双方向動作 ■16ピンのTSSOPまたはWQFNパッケージ

医療/産業機器向けCMOS単極単投(SPST) 5V高精度スイッチ『TMUX1101』 テキサス・インスツルメンツ(TI)
医療/産業機器向けCMOS単極単投(SPST) 5V高精度スイッチ『TMUX1101』

■ソースとドレイン・ピンで、GND から VDD までの範囲の 双方向アナログ/デジタル信号をサポート ■広い動作電源電圧範囲: 1.08V~5.5V ■低リーク電流:3pA ■低電荷注入:-1.5pC ■低オン抵抗:1.8Ω ■動作温度範囲:-40℃~+125℃ ■FA、超音波スキャナ、計測機器、スマート・メータなどに最適 ■パッケージ:SC70 (5) (DCK) 2.00mm×1.25mm

『ADG7421F』 過電圧保護機能がついたオン抵抗スイッチ アナログ・デバイセズ
『ADG7421F』 過電圧保護機能がついたオン抵抗スイッチ

ADG7421Fは、ソース・ピンでの過電圧保護、電源オフ保護、過電圧検出を備えた低電圧、デュアル単極単投(SPST)の低いオン抵抗スイッチです。 ■最大±60Vの過電圧故障保護、パワーオフ保護 ■低抵抗:12Ω(代表値) ■極めて平坦なオン抵抗:0.005Ω ■低故障検出スレッショールド電圧:0.1V ■3kV HBM ESD定格 ■ラッチアップなし ■両電源動作:±1.8V~±2.5V ■単電源動作:1.8V~5.5V ■10ピン、3mm × 2mm LFCSP

低電力化、小型化、低コスト化を実現する高電圧アナログスイッチ エイブリック
低電力化、小型化、低コスト化を実現する高電圧アナログスイッチ

エイブリックの高電圧アナログスイッチは、単一5V電源のみで動作可能なため、優れた低消費電力を実現。装置の安全設計にも貢献します。 ◆32チャネルの高集積で装置の小型化とコスト低減に貢献 ◆±100Vの信号電圧に依存しない安定した8Ωの低オン抵抗を実現 ◆5V単一電源動作で低消費電力に貢献

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

アナログスイッチ / マルチプレクサ ICのクリックランキング 2022年6月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 日清紡マイクロデバイス 10.6%
2 Vishay 9.6%
2 テキサス・インスツルメンツ(TI) 9.6%
4 ローム 9.2%
4 アナログ・デバイセズ(マキシム・ジャパン) 9.2%
6 ルネサス エレクトロニクス 7.8%
7 オンセミ 7.5%
8 エイブリック 6.6%
9 アナログ・デバイセズ 6.4%
10 STマイクロエレクトロニクス 6.1%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。