製品情報 外観検査装置

クリックランキング

外観検査装置とは

外観検査装置とは、自動で製品等の外観品質を検査する装置。可視光や赤外光などを光源として、検査品の画像をカメラに捉え、マシンビジョンや画像処理装置などで画像を解析することにより、品質検査を自動で行なう。人の目に頼っていた検査をコンピューター処理に置き換えることにより、人の経験や主観、疲労などから生じるばらつきを排し、検査レベルの均質化、高度化、高速化を可能にしている。

画像検査装置 東芝ライテック
画像検査装置

X線検査装置、金属探知機では検知できない食品表面に付着する異物(汚れ、軟質系樹脂、等)の検査を行う装置です。 対象物により光源部の選択可能。(可視光型または紫外線型) 【検知対象物】可視光:食品の汚れ・軟質系樹脂・フライの衣剥がれ等        紫外線:蛍光異物、軟骨等 最小□1mmの異物検査が可能 オンライン全数検査により、検査工程の工数削減が可能です。 製造ラインのコンベア長(川幅方向)に併せたカスタマイズ設計も可能です。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

外観検査装置のクリックランキング 2022年5月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 三友工業 18.3%
2 Helmee Imaging 11.7%
3 オムロン 制御機器・FAシステム 8.3%
4 日本電産トーソク 6.7%
4 春日電機 6.7%
4 ヒューブレイン 6.7%
4 光コム 6.7%
8 アジアエレクトロニクス 5.0%
8 デクシス 5.0%
8 竹中システム機器 5.0%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。