製品情報 eヒューズ / 過電流保護 IC

クリックランキング

eヒューズ / 過電流保護 ICとは

eヒューズ / 過電流保護 ICとは、MOSFETスイッチで通電遮断する半導体集積回路。電子ヒューズともいう。電流ヒューズは金属の溶断、リセッタブルヒューズはポリマー抵抗値の増大という、いずれもジュール熱を利用しての通電遮断または制限で回路を保護するが、eヒューズは過電流を検出してMOSFETスイッチにより電流を遮断する。多くは過電流保護以外にも多様な保護機能を持つ。自動復帰型とラッチ型(復帰は外部信号による)がある。

2.7V~5.7V、31mΩ、4A、逆電流保護機能内蔵電子ヒューズ 『TPS2521』 テキサス・インスツルメンツ(TI)
2.7V~5.7V、31mΩ、4A、逆電流保護機能内蔵電子ヒューズ 『TPS2521』

■用途はアダプタ入力保護、エンタープライズ・ストレージなど ■最大絶対定格:28V ■過温度保護 ■高速トリップ応答による短絡保護 ■可変低電圧ロックアウト・スレッショルド(UVLO)による アクティブ・イネーブル入力 ■可変出力スルーレート制御 ■動作接合部温度範囲:-40℃~+125℃ ■2mm角、0.45mmピッチの10ピンQFNパッケージ

2.7V~23V、28mΩ、5.5A、逆電流保護機能内蔵電子ヒューズ 『TPS25947』 テキサス・インスツルメンツ(TI)
2.7V~23V、28mΩ、5.5A、逆電流保護機能内蔵電子ヒューズ 『TPS25947』

■用途はパワーMUX/ORing、アダプタ入力保護、USB PD保護など ■最大絶対定格:28V ■高速過電圧保護 ■過温度保護 ■高速トリップ応答による短絡保護 ■可変低電圧ロックアウト・スレッショルド(UVLO)による アクティブ・イネーブル入力 ■可変出力スルーレート制御 ■動作接合部温度範囲:-40℃~+125℃ ■2mm角、0.45mmピッチの10ピンQFNパッケージ

繰り返し使用可能な電子ヒューズ 【eFuse IC】 東芝デバイス&ストレージ
繰り返し使用可能な電子ヒューズ 【eFuse IC】

【TCKE8xxシリーズ】 異常時に回路動作で電源ラインを遮断するため、繰り返し使うことが可能。 サーバーやノートPC、AR (Augmented Reality)/VR (Virtual Reality) 機器などの電子機器の保護に貢献。  ■国際安全規格IEC 62368-1認証取得予定  ■高速短絡保護 : tFastOffDly=150ns (typ)

高集積システム保護ソリューション、4.5V~60V、250mA電流リミッタ、OV/UV保護 アナログ・デバイセズ(マキシム・ジャパン)
高集積システム保護ソリューション、4.5V~60V、250mA電流リミッタ、OV/UV保護

MAX17612Aは、最大+60Vおよび-65Vの正および負の入力電圧フォルトに対するシステムの保護に最適で、1.42Ω (typ)の低RONのFETを特長としています。◆広い入力電源範囲:+4.5V~+60V ◆入力電源ホットプラグイン耐性:最大35V(TVSなし)◆逆方向電流ブロック保護 ◆熱過負荷保護 ◆OV、UV、逆電圧保護を実現 ◆可変OVLOおよびUVLOスレッショルド ◆動作温度:-40℃~+125℃ ◆10ピンTDFN-EPパッケージ(3mm×3mm)

OV、UV、逆方向保護、および電力制限内蔵、5.5V~60V、6A電流リミッタ アナログ・デバイセズ(マキシム・ジャパン)
OV、UV、逆方向保護、および電力制限内蔵、5.5V~60V、6A電流リミッタ

MAX17526Aは、電源から消費または負荷に供給される電力を制限する独自機能を提供し、他にも多数の保護機能を備えた可変電力リミッタです。◆広い入力電源範囲:+5.5V~+60V ◆設定可能な電流制限:0.6A~6.0A精度±8.5% (全温度範囲) ◆アクティブ電力制限によって電源または負荷を保護 ◆設定可能な入力過電圧設定:最大40V ◆1.0x起動電流制限 ◆温度範囲:-40℃~+125℃ ◆パッケージ:20ピンTQFN-EP (5mm x 5mm)

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

eヒューズ / 過電流保護 ICのクリックランキング 2022年6月 BEST7

順位 企業名 クリック割合
1 テキサス・インスツルメンツ(TI) 19.1%
1 アナログ・デバイセズ(マキシム・ジャパン) 19.1%
3 オンセミ 15.8%
4 東芝デバイス&ストレージ 14.5%
5 STマイクロエレクトロニクス 11.6%
6 日清紡マイクロデバイス 11.2%
7 マイクロチップ 8.7%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。