製品情報 熱電対センサー

クリックランキング

熱電対センサーとは

熱電対センサーとは、異なる2種類の金属を接合し、両端に温度差を与えると接合点間の異なる温度に応じた起電力が発生する効果(ゼーベック効果)を利用した温度センサー。熱電対と呼ばれることが多い。熱電対センサーはJIS C1602規格で線材、特性、測定可能な温度範囲、許容差が定められている。構造がシンプルで耐熱性、機械的強度に優れ、応答の速さ、温度範囲の広さと安さが主な特徴。

温接点付極細被覆熱電対 | 1TC/5TC-JPシリーズ オメガエンジニアリング
温接点付極細被覆熱電対 | 1TC/5TC-JPシリーズ

高精度で応答速度が速い、極細素線採用の温接点付被覆熱電対です。 PFA被覆のため、取り回しが簡単で、様々なアプリケーションに対応できます。 極細素線外径 36AWG(0.13mm)、40AWG(0.08mm)

タングステン-レニウム 熱電対素線 オメガエンジニアリング
タングステン-レニウム 熱電対素線

●最高2315℃まで測定可能(真空、水素、不活性ガスの雰囲気中) ●長さは最小30cmから注文可能 ●酸素を含む空気または雰囲気中では使用不可

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

熱電対センサーのクリックランキング 2022年6月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 オメガエンジニアリング 20.0%
2 日本電測 17.0%
3 TE Connectivity 14.0%
4 ネツシン 7.0%
4 岡崎製作所 7.0%
6 林電工 5.0%
7 測温工業 4.0%
7 アンベ エスエムティ 4.0%
7 竹田特殊電線製造所 4.0%
7 東亜電器 4.0%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。