製品情報 チェック端子

クリックランキング

チェック端子とは

チェック端子とは、基板動作の確認や調整のため、製造や組立工程で電気特性を調整・確認するために使用する端子。テスト端子、プローブポイント、コンタクトピン、テストポイント、ターミナルなどとも呼ばれる。チェック端子の形状は、プローブが当てやすい、引っ掛けやすい形状でかつホールド性がある。ピンタイプ、リングタイプ、また実装方法も面実装やはんだ付けなど様々な形態の端子があり、用途に併せて選択する。

【在庫品即納】チェック端子(オシロプローブ用) 廣杉計器
【在庫品即納】チェック端子(オシロプローブ用)

基板動作確認用のチェック端子です。 小型かつ2.54ピッチでプローブを容易に引っ掛けることが出来る形状であり、使用場所を問わずどの方向からでも使用頂けます。 端子部にPBTが付いており、回路ごとに使い分け可能です。 ハイポジションタイプではプローブの引っかけも容易にできます。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

チェック端子のクリックランキング 2022年6月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 玉川精螺 15.2%
2 日本コネクト工業 11.9%
3 ロジー電子 8.2%
3 ワールド 8.2%
5 KOA 7.0%
6 サトーパーツ 6.4%
6 Harwin 6.4%
8 パナソニック インダストリー 6.1%
8 マル信無線電機 6.1%
8 アドヴァンストインターコネクションズ 6.1%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。