製品情報 画像関連ボード

クリックランキング
CameraLink I/F FPGA画像処理ボード APX-3327-1-260 アバールデータ
CameraLink I/F FPGA画像処理ボード APX-3327-1-260

PCI-Express規格のCameraLink画像入力ボードです。PoCLに対応し、Base/Medium/Full Configurationカメラを接続することができます。現在販売している画像入力ボードAPX-3313では網羅できなかったカメラに対応するとともに、新規格Camera Link Deca(8bit×10tap)にも対応しています。現在国内で販売されている各社のCamera Linkカメラのほとんどを接続することができます。512MBメモリとFPGAを搭載することでカスタマイズした画像処理を実装できます。PCIパネルにI/Oコネクタを配し、外部トリガやエンコーダ入力、ストロボ出力をフロントアクセス可能です。

40Gbps 光I/F画像入力ボード APX-3841 アバールデータ
40Gbps 光I/F画像入力ボード APX-3841

マシンビジョン向け光I/Fカメラ用 Opt-C:Link画像入力ボードです。「QSFP+」光モジュールを使用することで、1chあたり40Gbpsの転送速度を実現します。 カメラと画像入力ボードを光ファイバで繋ぐことで、ノイズに強く、数百メートルの距離を接続することも可能です。画像データと制御信号を同じ光通信で実現でき、省配線にも貢献します。

CoaXPress 2.0対応画像入力ボード APX-36124 アバールデータ
CoaXPress 2.0対応画像入力ボード APX-36124

CoaXPress規格2.0に対応した画像入力ボード。 12.5Gbps/1chでQuadカメラ1台、またはDual カメラ2台、またはSingleカメラ4台が接続可能です。 PCI Express3.0(Gen3) 8GT/s x 8 バス仕様で、高速なイメージキャプチャを実現します。 オンボード上にFIFOメモリDDR4 SDRAM 2GByteを実装しています。

ViALUX社 Vモジュール(高性能DLP®サブシステムモジュール) 丸文
ViALUX社 Vモジュール(高性能DLP®サブシステムモジュール)

Vモジュールは、TI社のDLP®テクノロジーを使用したアプリケーション開発の迅速な立ち上げを可能にします。DLP®チップ の高速制御を可能にする Vモジュールには、FPGAロジックとファームウェアが付属しているため、お客様は専用のハードウェアとファームウェアの開発にかかる時間とコストを節約できます。学術研究や概念実証にも最適であり、リスグラフィーや3Dプリンター、3Dスキャンなど、様々な応用の産業用モジュールとして使用されます。

【ご注意】 ここで紹介する製品・サービスは企業間取引(B to B)の対象です。 各企業とも一般個人向けには対応しておりませんのでご承知ください。

画像関連ボードのクリックランキング 2022年6月 BEST10

順位 企業名 クリック割合
1 リンクス 13.7%
2 アバールデータ 12.3%
3 Euresys 9.6%
4 Teledyne DALSA 6.8%
4 グラフイン 6.8%
4 インタフェース 6.8%
7 マイクロ・テクニカ 5.5%
7 Matrox Imaging 5.5%
9 ファースト 4.1%
9 ソリトンシステムズ 4.1%

※クリック割合(%)=クリック数/全企業の総クリック数 このランキングは選択の参考にするもので、製品の優劣を示すものではありません。