技術解説
【特別コラム】モータドライバIC

モータ制御

【特別コラム】モータドライバIC

この回ではモータドライバICの現状を概観します。

モータドライバICとは

モータドライバICとはその名の通り、 モータをドライブ(駆動制御)するための回路が集積された専用ICです。 数多くある半導体集積回路に内、アナログICに分類されます。

モータドライバICの種類

モータは、その種類、構造が異なると通電制御方法も違うので ドライバ回路(IC)もモータの種類分あると言えます。

主な分類を下表に示します。

アナデジ異種回路混載は当たり前

CMOSトランジスタの微細製造技術の発展に加え、 パワーデバイスも低抵抗なLDMOSトランジスタの登場や SOI絶縁技術などにより素子の絶縁分離性能が飛躍的に向上し、 小面積で高耐圧かつ低ノイズ、寄生フリーな高集積回路が実現できるようになり ブリッジドライバは勿論、電源(電流源、電圧源)回路、オペアンプ、ADC、DAC、 ロジック回路、マイコンまで混載できるまでになってきており、 高集積化は留まることを知りません。

ICパッケージは軽薄短小化がトレンド

少し前まで、モータドライバICといえば、 「パワーデバイス=高熱容量」でした。 ごつくて大きく重いヒートシンクが付いた如何にもなパッケージでしたが、 シリコン技術が進んだ今では、搭載素子、回路の低消費電流化と ドライブ用パワー素子も低オン抵抗のMOSFET化の実現、 インバータ(PWMスイッチング)技術の普及などより、 殆どが、TSSOP、THQFP、QFNなどの小型面実装パッケージになりました。 最も小さいものでは、プラスチックMold外装をもたないシリコンチップむき出しの CSP(Chip size package)などもあります。

また、デジタルカメラなどの小型組込み機器向けなどは、 モータドライバに加えてマイコンまで1パッケージに混載するものもあります。 この場合は、TFBGAパッケージを用いています。