技術解説
USB-UARTシリアル変換回路

実用アナログ回路

USB-UARTシリアル変換回路

長い間、PCと外部制御機器の接続は、 RS232C規格のシリアルインターフェースによる通信が一般的でした。

しかしながら最近は、PCの外部インターフェースが一新されてしまい 外部ディスプレイとの接続に使用されたアナログRGBポートやシリアル通信ポート(RS232C)は 無くなり、外部接続は有線接続でUSBポート、無線通信ではBluetoothが採用されています。

一方、PCのインターフェースが変わったとは言え「過去に開発製品化した制御ソフト資産を使いたい」とか、 Laview(National semikonductor社製)などのPC制御ツールを使いたいとか、 シリアル通信制御の要望は当たり前にあります。

本稿は、現在主流となっているPCのUSBポートと 基板回路上のマイコンと接続しシリアルUART通信をする回路例を紹介します。

USB-UART専用IC: FT232R

PCのUSBとUARTシリアルインターフェース回路で良く使用されているICに FDTI Chip社のFT232Rがあります。

FT232RQを使用したUSB-UARTシリアル変換回路例
FT232RQを使用したUSB-UARTシリアル変換回路の基板実装例

(INEDLabratry製 SSP-200)